取り扱い技工物のご紹介~ジルコニア~

取り扱い技工物のご紹介~ジルコニア~

東京都新宿区四ツ谷の歯科技工所「EMOTION dental lab(エモーションデンタルラボ)」では、歯科で取り扱われるセラミック(陶材)の中でも、現時点でもっとも高品質であるとされるジルコニアを取り扱っています。常に最新のブロック、カラーを取りそろえておりますので、ご興味のある方はお気軽にご相談ください。

エモーションデンタルラボのジルコニア技工物

当技工所では、ジルコニアを主成分とするジルコニアセラミッククラウン・フルジルコニア・ジルコニアアバット・各種インプラント上部構造などの製作を行っています。前歯・臼歯ともに適用でき、ブリッジとして最大フルマウスまでの対応も可能()。当技工所の加工センターをセンター化することで、常に高品質なフレームワークをご提供できるようになりました。

※初期曲げ強度は、1,200MPa(ISO6872)超、マージン精度MO:25±12μmとの報告があります。

ジルコニアの4つの特徴
強度 審美性

強度

金属酸化物を熱によって焼き固めた焼結体であるジルコニアは、靭性(粘り強さ)が高く、非常に丈夫な素材です。スペースシャトルの外壁にも採用されているほどです。

審美性

歯科で採用されているジルコニアは、人造ダイヤモンドと同じ元素の素材です。そのため非常に美しい人工歯を実現します。メタルフリー素材ですので、金属イオン流出による歯肉の着色のおそれもありません。

軽さ 生体親和性

軽さ

一般的な歯科治療で採用されている金属(金の含有量が多い)と比較しても、重量は約3分の1と非常に軽量です。

生体親和性

人工関節の素材としても採用されているため、高い生体親和性を誇ります。強度・耐久性・耐腐食性・安全性も高く評価されており、金属と比較してもアレルギーが起こりにくい素材です。

適応
適応
  • クラウン
  • 連冠
  • ブリッジ(最大フルマウス迄可)
  • インレー、アンレー
  • メリーランドブリッジ
  • ボーンアンカードブリッジ
  • アバットメント

※当技工所の加工センターでは、フレームワークのみを製造販売しております。
※各地のデザインセンターでもお受けしています。

【ノーベル「ジェニオン2」を活用して制作できる補綴物】

【ノーベル「ジェニオン2」を活用して制作できる補綴物】 当技工所では、最新のCAD/CAM技術によって、スピーディかつ高い精度でジルコニア技工物を製作することができます。支台歯形成した天然歯のダイ模型をスキャナーで読み取り、デザインしたデータを送信するだけで、コービング、ブリッジやラミネートベニアのフレームがプラントで製作できます。また、メーカーからの協力をもとに、ノーベルクリニシャンにも力を入れております。

当技工所で導入しているノーベルプロセラについて詳しいご説明はこちら
取り扱い技工物(インプラント)

ジルコニアを使った補綴物・技工物についてのご質問はこちらからどうぞ
お問い合わせ

page top